<   2011年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
付け替えバッグチャーム
以前ご紹介したタルトのバッグチャームは取り外し可能になっています。
その日の気分やファッションスタイルに合わせてスイーツを付け替える事が出来るようにしています。
10代のうら若き女子の為にマカロンをキュートに仕上げました。
実際には有り得ないマカロンですが、スイーツデコならでこそ!(笑)
気に入ってバッグに付けてくれるといいな~♪
d0149551_21322925.jpg

[PR]
by pokorin-p | 2011-10-31 08:21 | 手作り 粘土細工
シトラスジューサー
アメリカへ旅行するとキッチン雑貨のお店を巡る旅になるのですが、この前の旅行で購入してきた物の中にこのシトラスジューサーがあります。

特に買う予定ではなかったのですが、陳列棚に目をやると、なんだか「私を日本に連れて行って~」と訴えているようなそんな気がしまして(笑)、購入に至りました。
アメリカのユニークでデザイン性の高いキッチンツールを創っているメーカーのchef'nの物です。
d0149551_18443554.jpg

標準的な大きさのオレンジ1個で約100ccのジュースが取れました。
電動ではないので少々力を要しますが、1個、2個程度絞るのならば、程良い疲労感(笑)。
なにせ無添加100%ピュアジュースが飲めちゃうんですからね。
これに泡のワインをいれたらミモザ(カクテル)ですわよ、奥様!
d0149551_18453225.jpg

種や繊維はちゃんと取り除かれてから下の容器に絞られますし、注ぐ際にも漉し口がついているので大丈夫。
ちなみに透明の絞り器を外すとレモン等の小さいシトラス類も絞れるような大きさになっています。

比較でオレンジ1個をカットしてみました。
d0149551_18463076.jpg

専用のナイフを使用しています。これは100均で購入です。
同量のビタミンを摂るという点では絞った方が楽ですね。
まぁ、用途が違いますけど。
[PR]
by pokorin-p | 2011-10-30 21:54 | 旅行 買い物
フルーツタルトのバッグハンガー
粘土でケーキ等を作り始めて2年半程経ちました。
1年間月一でスイーツデコの教室に通って、その後は自己流で続けています。
未熟なりに出来上がると嬉しくて、四半世紀の付き合いのある友人たちに半ば強制的に配り続けたものです。(笑)

飾っておくのも可愛いけれど、アクセサリーとして作成するのも楽しいものです。
此の度、バッグハンガーを購入しました。
もちろんこのままで使えるのですけど、デコレーション用です。
d0149551_949387.jpg

スワロフスキーのクリスタル等でデコってもよいけれど、私は自分で作ったクレイスイーツをデコレーション。
フルーツタルトにしました。ビタミンカラーで元気が出そうでしょう?(笑)
d0149551_9503920.jpg


テーブルに引っ掛けて使います。
キーホルダーも付いているのでバッグに掛けて置くことができます。
d0149551_957191.jpg

ただちょっと重いのが難点かな、53gありました。
バッグハンガーの耐荷重は5kgらしいですが、念のためバッグを掛ける時はバッグの中にカメラなど壊れやすい物は入れておかない方が安全かもですね。

これは親友の所へ私の元気パワーと一緒に今日お嫁に出します。
初期の頃の作品より上手になったと感じてくれるかしら?
[PR]
by pokorin-p | 2011-10-27 10:04 | 手作り 粘土細工
透明粘土で試行錯誤
過ごしやすいを通り越して、寒くて冬眠したい今日この頃です。
やっぱり寒いのが苦手な夏生まれです。

さて、最近ですが、透明感のある果物、葡萄の皮をむいた状態とか、グレープフルーツとかラズベリーなどを作るにあたって、透明粘土なるものを使い出しました。
ちょっと扱いにくい粘土なんですが、上手くいけば、それは瑞々しくリアルに近い仕上がりになります。
上手くいけばというのがミソでして、1年間通った教室では扱った事がない粘土なので、自己流に試行錯誤して研究段階であります。
悲しいかな、何度も失敗しておりまして、粘土が無駄に消費されていくのです。トホホ。
d0149551_12353028.jpg

色付けはプラモデルなどの着色につかう水性のクリアカラーです。
そんな透明粘土で作ったパーツを使ってミックスフルーツのタルトのバッグチャームを作りました。
めずらしく美味しそうに出来たねと夫に褒められましたので、お嫁入りできそうです。
d0149551_12412423.jpg

ところで、こういう小さい物を作って集中している時って呼吸止めていることに気がつきました。
危ない危ない…。
[PR]
by pokorin-p | 2011-10-20 12:48 | 手作り 粘土細工
嬉しいお祝いランチ会
先週は嬉しいお心遣いが続いた週でした。

ブログを通じてご縁が出来たRieちゃんと2ヶ月ぶりの逢瀬です。
仲良くして頂くようになって6年以上経ちますでしょうか?長いお付き合いです。

先日、Rieちゃんに私の誕生祝いをして頂きました。
え?夏生まれではないの?と思われる方もいらっしゃるかな?
最近の夏は酷暑ですからね、私のような老体には危険ですから、せっかく8月にお祝い会のお誘いを頂いても、涼しくなってからとわがままなお願いしているんです。(笑)

さて、待ち合わせは丸の内のブリックスクエアの中庭です。とても素敵なお庭ですよ。
ランチ会の場所はそのお庭に隣接している建物の2階の和食のお店です。
見た目も美しく、お味もとても美味しいお料理でした。
d0149551_14382397.jpg

写真がへたくそでごめんなさい。他のお客様と厨房を挟んで向かい合わせのカウンターだったので、彼らの視線が気になってしまってそそくさ写真を撮った結果です。うふ。
本当に美味しいお料理でしたのに写真でそれが伝えられなくて残念。

デザートは抹茶のプリンを選びました。
写真はRieちゃんにお任せし、画像をいただきました。
d0149551_143965.jpg


9月に私はカリフォルニア、彼女はドイツに出かけていたので、日本の食事は本当に美味しいよね~と再認識。
いろいろな話をしてゆっくりとランチを堪能する事ができました。
そしてすっかりご馳走になってしまいましたね。有難うございました。

食後は、合羽橋でショッピングしようという事になり、丸の内から日本橋まで歩いて銀座線で田原町へ移動。
一通り買い物も済んだので、私が好きな喫茶店でお茶休憩をしました。
丁度、禁煙席が空いていたのですぐ着席できました。週末は長蛇の列で並ばないとなかなか入れません。
d0149551_1533744.jpg

歩き回ったしなんだかとても暑い日でしたので、本日のコーヒーにしようと思っていたのですが、2人とも珈琲フロートを注文しました。苦味と甘味のバランスがとても良く美味しかったです。
ちなみにこの画像もRieちゃんから頂きました。

さて、お茶を飲みながらお土産交換が始まりました。(笑)
バスソルト、ドイツのスーパーマーケットのエコバッグとイルマちゃんのキッチンタオルです。
d0149551_15103099.jpg

私はエコバッグ好きなのでドイツのエコバッグもゲットできてうれし~っ!
お食事ご馳走になったり、お土産いっぱいいただいたり、いろいろと有難うね~♪

来年にはまたご主人様の転勤がありそうな予感なのだとか。
東京にいる間、出来る限りちょくちょく遊ぼうね。
また近いうちお会いできる事楽しみにしています。

Rieちゃんのブログはこちらからです。
[PR]
by pokorin-p | 2011-10-15 20:02 | 日々雑記
素敵なお心遣い
先日、素敵に、お洒落に、日々の暮らしを送っていらっしゃるこえださんから素敵な贈り物を頂きました。

私の一方的な憧れから始まり、ご縁あって仲良くさせていただいているのですが、お近づきの印として半ば強引に私がミニチュアスイーツを差し上げたばかりに、余計なお気遣いをさせてしまったようです。

宅急便を受け取った時、「こえださんからだ」とちょっとびっくり&ちょっと興奮してしまいました。
ワクワク感をもって箱を開けると、中には沢山の物が詰め込まれていたのですが、一緒にとても美しい文字のメッセージが添えられており、私のミニチュアスイーツのポストカードも同封されていました。素敵に撮ってくださって嬉しいです。
d0149551_174816.jpg


贈り物の数々は、きっと私の好みをリサーチしてくださったのでしょね。私の大好きな物ばかりでした。
まずはニューヨークのZabar’sの保冷エコバッグ。私、無類のエコバッグ好きなんですのよ。(笑)
d0149551_183032.jpg

以前ニューヨーク旅行した際に時間がなくてZabar'sには行けず、次回の旅行に持ち越しと思っていながら、その次回がなかなか訪れない状態の所に、今回こえださんからプレゼントです。
くぅ!たまりませんねぇ。

イギリスの紅茶も頂きました。
d0149551_1143262.jpg

ご縁というのは不思議なもので、時期こそ違いますが、私は学生の頃、夏季休暇を利用してイギリスのブライトンで語学研修を受けたことがありますし、こえださんもブライトンの学校に留学されたという事が分かりました。
もうそれだけでもすごい繋がりだと錯覚してしまいそうです。(笑)
こちらの紅茶は懐かしいでしょうからと送ってくださったのです。
あのブライトンの街、ホームステイ先の家族、ビーチなど思い出しました。(遠い目)

そして、こえださんご愛用のフランス製のキャンドル。
d0149551_116261.jpg

包みから取り出すと部屋中がフランスの香りいっぱいになりました。
我が家は、訪れた方に驚かれるほど部屋中にキャンドルが飾ってあり、まるでロウソクの館?なんです。(笑)それほどキャンドル好きなんですね~。
ここに飾らせてもらいました~。
d0149551_1164011.jpg


お手紙の文面から一生懸命私の為に選んで下さったことが伝わってきます。
素敵なお心遣い本当に有難うございました。
これからもこのご縁大切にしたいと思っています。
[PR]
by pokorin-p | 2011-10-14 06:37 | 頂き物
地味な作業 
窓際に陣取って明るい自然光の元でイチゴ作りに専念します。
爪楊枝に涙型の粘土を挿して、鋭く削った爪楊枝の先でつんつん刺しながらイチゴの粒々感を出します。
1~2日程乾燥させて絵の具で色づけ。

ケーキはイチゴをそのまま乗せる場合とカットした物を乗せる場合がありますが、今回はカットイチゴです。
すっかり硬くなり色づけしたイチゴをカッターで2分割します。
完全に硬くなっていないイチゴをカットするとぺしゃんこになってイチゴにはなりませんのでご注意を。
d0149551_18332695.jpg

カット面は当然真っ白ですからね、イチゴの断面を絵の具で描かなくてはなりません。
細かい模様を描くにはちゃんとした筆を使いなさいと先生がおっしゃっていましたが、未だに100均の筆を使っています。(笑)
結構地味な作業で飽きるけれど、細部にわたって丁寧に作ることでリアルに近いかわいいミニチュアスイーツが出来るのではないでしょうか。でも10個が限界…。

気分転換に明石だこのぺペロンチーノスパゲッティを作りました。
d0149551_18391067.jpg

たこは火を通しすぎると硬くなるので、最後にちょっと温める程度にしましたが、食べ終えた後、口の中に違和感があって見てみたら、何年も前に虫歯の治療で詰めた物が外れて穴が開いていました。
あぁ、歯医者さん行かなくちゃ~。
[PR]
by pokorin-p | 2011-10-12 19:17 | 手作り 粘土細工
チョコ&クッキー
先月のカリフォルニア旅行で夫はワイン、私はキッチン雑貨の買い物を楽しんできました。
必ずいくお店は、Crate&Barrel, POTTERYBARN,Sure la Table, WilliamsSonomaですね。
今回ナパに行ったのでNapa Valley Kitchenにも。
雑誌はLivingを必ず購入し、Crate&Barrel, POTTERYBARNではカタログをお店で頂いてきます。
文字は軽くスルーして(笑)、写真を眺めているだけで幸せな気持ちになれます。
d0149551_1074036.jpg

今では日本に居ながらにしてお買い物ができるんだそうですね。
でもやっぱり、あの空間に身をゆだねてお買い物したいわ~♪

さて、Sur la Tableでは粘土スイーツを作るのに良いかなとチョコレートの型どりを買ってきました。
時々気が向くと食べられるお菓子も作るけれど、ほとんど粘土のお菓子作りしかしないので、粘土用です。
模様はこんな感じ。
粘土も樹脂系モデリングペーストに茶色の絵の具を加えてチョコレート風にしています。
d0149551_10145112.jpg

クッキーも型どりしてチョコレートコーティングしてみました。
d0149551_10151415.jpg

これを作っていたら、「こんな型を使えば誰でも出来るじゃん、手作りの意味ないよ、怠慢、怠慢」と夫から手厳しい指摘を受けました。
あはは、相変わらず私に厳しいですわ~♪
[PR]
by pokorin-p | 2011-10-10 10:30 | 手作り 粘土細工
海鮮料理が美味しい宿
安房勝山の地元の新鮮な魚介類をだしてくれる料理旅館があり、久々に予約を取り宿泊してきました。
テレビにもよく紹介されているし、人気の宿なのでなかなか予約が取れないのですが、以前宿泊した際にメールアドレスの登録をしておいたからか、比較的予約の取れそうな時には優先的にメールを送ってくれるので、ラッキーな事に週末に宿泊する事が出来ました。

今回のお部屋の露天風呂はこんな感じ。
d0149551_8221115.jpg

露天風呂付きのお部屋は5部屋あります。
ちなみにこちら別亭の5部屋に限っては小さなお子様NGだそうです。
お部屋に大きなお風呂があると、いつでものんびり好きな時にお風呂に入れていいですね。
美肌の湯だそうです。18度くらいで加温しています。

今は流通手段も完璧なのでどんな山奥の旅館でも新鮮なお魚を料理してくれますが、やっぱり海の近くの活き造りに勝るものはないと思っていますので、魚介類が大好きな私たちは海に近い旅館を選択してしまいますね。

料理に合わせてお酒もいただきました。
日本酒のメニューは全て千葉県産でした。お料理もお酒も地産地消が基本のようです。
d0149551_8282170.jpg


下記3点は通常の料理として組み込まれています。
ただし、イセエビなどは解禁期間中のみかな?。
d0149551_830565.jpg


お魚料理がメインの旅館ですが、ちゃんと洋皿もあり、お肉料理もありました。
器も盛り付けも頑張っていらっしゃる。
接客係もお若い方ばかりですが、料理長は20代半ばだそうです。
最後のデザート、コーヒーまで美味しく頂きました。
d0149551_8334566.jpg

d0149551_8341481.jpg

d0149551_835166.jpg


早い時間からの夕食でしたので、食後は何度も温泉に入ったり、ゴロゴロしながらテレビをみたり、インターネットをしたり、してのんびり過ごししました。
ちなみにこちらの旅館ではWiFiなどのインターネットの環境は整っていないので、個人のモバイル通信を使ってネットをしました。
アメリカではどのホテル・B&Bでも宿泊者向けに無料でアクセスパスワードを与えてくれてネットアクセスが出来るように環境が整っていたので、日本もそうなるといいなぁと思うのです。

さて、お次は朝食です。
d0149551_853058.jpg

ご飯は千葉県のブランド米 長狭米の新米です。美味しかったですよ~♪
d0149551_85230100.jpg

ところで鯵の開きの出し方なんですが、皮を上にして出すか、身を上にして出すかどちらでしょうか?
結婚したての頃、朝食に鯵の開きを焼いて身を上にして出したら夫に文句を言われたことがありました。(執念深いので今でも覚えている)
彼の発した言葉が「普通、皮側が上でしょう?」だったので強烈に覚えているんですけどね。
私は食べる時、身をほぐしやすいので身を上にするんです。ホッケの塩焼きの時と同じです。
また文句を言われるのもなんなので、夫にはそれからずーっと皮を上にして出しています。
まぁ、どうでも良い事なので独り言だとスルーしてくださいませ。

食後のコーヒーとデザートを頂いて、チェックアウト11:00まで、のんびりくつろぎました。
夫は食後すぐに近くの防波堤に釣りに出かけてしまいましたけどね。
強行スケジュールの海外旅行で食傷気味だったのですが、やっぱり和食、特に海鮮料理は良いですね~。
胃が弱っていたなんて言えない位、沢山頂きました。(笑)
[PR]
by pokorin-p | 2011-10-05 10:12 | 旅行 房総
下町のフレンチレストラン&ワインバー
夫の祖父や叔父達が暮らしていた墨田区向島。
彼は子供の頃よく遊びに行った場所だそうです。
今は親戚の誰一人として向島には住んでいないのけれど、故郷のような場所なんだそうです。

ワインが楽しめるレストランを探している時にたまたま見つけたので、向島は懐かしさもあり、ワインもお料理もおいしそうなので行ってみようという事になり、少し秋の気配が感じられた頃に2人で食事をして来ました。
最寄り駅は押上です。営団線、都営線、京成線が乗り入れているかな?
押上のA3出口から地上に出ると、カメラを構えた人が沢山いました。
そう、スカイツリーでございましてよ。
食事の写真用の単焦点のレンズだったので入りませんよ、大きすぎて。(笑)
アメリカに続いて痛い感じです。わはは。
d0149551_21355893.jpg


ついスカイツリーに釣られて方向を間違ってしまいましたが、押上から歩くこと15分くらいでしょうか、向島のレストランに到着しました。
有名なデザイナーがデザインしたレストランらしく、新しいのに古いというか向島の街にしっくりと合う御茶屋の雰囲気が漂っているお店構えと内装でした。
1階と2階に分かれていて、今回は2階の席に通されました。
d0149551_20543966.jpg

d0149551_20555328.jpg


さて、今回は初めてという事もあり、お料理とグラスワインのマリアージュのお試しコースにしました。
アメリカのワインカントリーのレストランではよくテイスティングメニューとしてコースが組まれていますね。
前菜からメインまでその料理に合わせたワインを1杯ずつ説明付きでシニアソムリエの方がサーブしてくれます。

コースとは別で、お店側から食前酒はサービスでしたよ。
シャンパンのカクテルをいただきました。
パンも自家製だそうです。お店のロゴの焼印がありました。
d0149551_2162858.jpg

前菜は小さいアミューズを含めて3つ。
d0149551_2165948.jpg

その後メインはお魚かお肉かをチョイス。
お肉は苦手なラムだったので、私はお魚を選びました。夫はお肉料理です。
d0149551_2173132.jpg

料理に合わせてもらったワインを写真撮影用にわざわざテーブルに並べてくれました。(笑)
d0149551_2110424.jpg


料理が終わってもワインが少し残っていたのでデザートに移る前にチーズの盛り合わせや、バスク地方の生ハムなどを追加でいただきました。
d0149551_21124288.jpg

その後デザートに移るのですが、2皿の他に食後の飲み物と一緒にプティフールまで。
d0149551_2121647.jpg

食事とワインでお腹ははちきれんばかりでしたので、ギブアップでした~。
夫は私の分まで食べていましたが、どういう胃をしているんだろうか…。

これからスカイツリーが開業?して墨田区が発展していくとどんどんお客様が増えて行くんでしょうね。
お料理もワインも、お店の雰囲気も、接客も全てが揃っているお店って本当に少ないと思うのです。
場所は駅からも遠く不便ではあるけれど、本格的なちゃんとした(?)レストランはとても貴重なので、これからも季節ごとのお料理を楽しむ為にも通いたいですね。
ちなみに客年齢層は高めかな~。きっとご両親をご招待すると喜ばれますよ~。
次回はお世話になっている叔母二人をお連れする予定。
向島というだけでも彼女たちのテンションあがりそう~。
お店の名前は写真に書いておきました~♪
[PR]
by pokorin-p | 2011-10-03 10:15 | 食べ歩き



リアルとフェイクの食記録  リンクはご自由にどうぞ。 教えてくださったら遊びに行きます
by ぽこり
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
旅行 USA
旅行 北陸
旅行 房総
旅行 神奈川
旅行 山梨
旅行 京都
旅行 東北
旅行 韓国
旅行 沖縄
旅行 栃木
旅行 イタリア
食べ歩き
手づくり 食べ物
食楽空間 おもてなし
美味 可愛い 食べ物
手作り 粘土細工
頂き物
このブログについて
旅行 買い物
お取り寄せ
手作り 物
街歩き
日々雑記
旅行 北海道
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2016年 09月
more...
外部リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
秋ごはん
at 2017-10-19 17:17
グルテンフリーパスタ
at 2017-10-16 12:52
週末の朝食
at 2017-10-07 20:43
秋の夜長に
at 2017-10-04 10:53
ミニチュア 既製品
at 2017-10-03 12:48
プレートマット おすすめ★
at 2017-09-29 11:59
暑さ寒さも彼岸まで
at 2017-09-26 11:34
アメリカ滞在必需品 Garm..
at 2017-09-25 11:13
キッチン雑貨
at 2017-09-22 17:35
シーフード三昧その2
at 2017-09-21 09:38
Copyright © 2012 pokopokop3 All Rights Reserved. AX 
ホノルル 旅行情報
ホノルルの旅行情報
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧